大森青べかカヌークラブへようこそ!

更新日:平成29年10月7日

携帯電話を防水袋に入れ、持ちましたか? 救助要請は118

カヤックの安全対策はこちら

大森青べかカヌークラブはモーターボート伴走艇を配備しています

カヤックの救助技術と東京湾情報はこちら

大田区区民スポーツまつり
   体験カヤックは10月9日

大森ふるさとの浜辺公園にて
受付先着順10時30分と12時30分






活動記録写真集はこちら

しながわ・おおた水辺の観光フェスタ

9月30日(土)
大森ふるさとの浜辺公園にて

写真はこちら



東京湾環境情報
スナメリ発見!

平成27年5月と6月
スナメリとは




ふるさと東京湾再生の提案

都民だれもが楽しめる潮干狩りや海水浴
干潟や浅瀬、はまべを提案します。
東京湾の浄化に浅瀬は欠かせません。




!お知らせ!

カヤック等の舟の利用ができます

大森ふるさとの浜辺公園
 「大森ふるさとの浜辺公園内へのカヤック等の乗り入れについてです が、他利用者の公園利用を妨げない状況であれば、園内の自由利用の範囲と考えられますので乗り入れは可能であり、特段禁止はしておりません。しかし、この 公園は多数の方が利用される公園です。連休時期や夏季等で浜辺や海域が多くの人で混雑している場合は、他の利用者との接触事故なども予想されます。また、 このような状況のほかに、利用者同士のトラブルが予想される場合など、事前回避のため公園管理上ご遠慮いただくことも予想されますので申し添えます。園内 の方々みなさんが快適、安全に公園を利用していただくよう配慮してまいりますのでどうかご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。」

平 成20年2月19日
大田北地域行政センター 
まちなみ整備課
まちなみ整備担当(遠藤)

ご心配であれば上記文書を携帯してください


カヤック航行の皆様 へ

安全航行への準 備・装備をお願いします。
動力船から視認さ れやすい旗を掲げてください。
ジッ コジッコ(岸壁近く)を航行してください。
旗の意味は動力船が恐れる「漁網あり注意」の擬態!

航路の横断はコンテナ船等の大型 船が通行します。
東京港西航路は狭、く大型船は急旋回や停止ができません。
西航路の横断は避けた方が安全です。
大型船の前にはタッグボートが先導し、その曳き波も半端でありません。
また、大型船がゆっくり見えるのは錯覚です。




ルアーフィッシングのお勧めは、京浜運河、羽田北岸の誘導灯、東岸の新設岩礁付近です。中央防波堤まで遠征するのは危険を伴います。

東京港のカヤック航法


海難審判
三浦半島の長井沖にてカヌーと遊漁船の衝突事故


 動力船の船長は見張りを怠っていることが多々あり、このような事故が時々発生します。カヌーは動力船を見たら、その動向を最後まで確認し、衝突の寸前まで回避行動をとりなさいというのが趣旨です。

 平成26年横審第13号
裁決:遊漁船第八昇丸 カヌー(船名なし)衝突事件

言渡年月日:平成26年12月16日
審判所:横浜地方海難審判所
主文:受審人Aの小型船舶操縦士の業務を2箇月停止する。
理由:(海難の事実)
1 事件発生の年月日時刻及び場所 平成25年4月13日15時30分 神奈川県横須賀市長井西方沖合

以下のリンクをご覧ください。図面もあります。
http://www.mlit.go.jp/jmat/saiketsu/saiketsu_kako/26nen/3yh/yh2612/26yh013.html

東京湾カヤック散歩地図

こちらです

大森、羽田から品川までの「カヤッ ク散歩地図」です。参 考にしてください。



羽 田空港と周辺に絶滅危惧種
ミサゴ・オオタカ・チュウヒ・ハヤブサ
がいます!


羽田空港の周りの水辺で越冬する希少なミ サゴ
空港保安のために駆除されることがあります。
有害鳥獣駆除はこちら
ハヤブサ観察スポットは京浜島の「つばさ公園」です。こ ちら


1)「大森ふるさとの浜辺公園」の浜 辺造成工事。詳細はこちらです。


2)内川の下水放流口でヘドロの除去がおこなわれています。
3)内川の下水放流口で魚がたくさん死んでいました。詳細はこちら

大森・羽田の海
内 川

大森ふるさとの浜辺公園
大森・森が崎
羽田空港の砂浜
漂着物
漂流ゴミnew
赤 潮
海底写真
  京浜運河

東京湾風景

第一海堡

 盤 洲

帆立カヤック
漂流実験
東京港の安全航行
リンク集
黒潮横断
環境情報
海底地図作成
東京湾クジラ プランクトン
東京湾をきれいにする提案
海中画像

入会申込み

青べかべかと は?
羽田・大森の海は、海苔の栽培が盛んなゆたかな美しい海でした。
べかは海苔採り船のことで、 長さ1丈5尺(4.5m)幅2尺5寸(0.8m)の小船のことです。
クラブの名前は、大田区馬込に住んでいた山本周五郎の 「青べか物語」の
青いペンキで塗られたべか船に由来し、きれいな海が戻る希望の象徴です。

当ホームページの内容の無断転載を禁じます。

大森青べかカヌークラブ 代表:長谷川充弘